私が結婚していても女性と飲みに行ける理由

みなさんこんにちは。本日はお日柄もよく、散歩日和。町の仕事に少し関わらさせてもらっていて、その一環で町を散歩してきました。

 

30年近く住んでいるけど、知らないところがたくさんありました。いろいろな刺激になりますね。

 

こんばんは。べぇです。

さて、タイトル。

 

昨日、メンバーのぶんちゃんと今週末行われるMARUYAのイベントのトークショーについて話し合っていました。その中での会話。

 

私はよく女性と飲みに行きます。まぁ女性といっても仲の良い友人で、付き合いもかれこれ10年近くになろうかという感じ。

 

よく付き合ったり結婚すると、女性とサシで飲みに行くのはいやだと思う女性は多いかもしれませんね。それは単純に浮気等の心配から来ているのだと思います。

 

ただ、私が飲みに行くと言うと早紀ちゃんは「行ってきなー」とだいぶライトな感じで見送ってくれます。そして、帰ってきたら帰ってきたらで私は報告をするものです。

 

◯女性と飲みに行ける3つの理由

そんなことを文ちゃんと話していて、自分なりに、どうして女性と飲みに行けるのか。それを分析してきました。

 

1:常日頃から愛情表現をしている

彼氏や旦那が異性の人と飲みに行くとき、誰しも心配になるかもしれません。その裏側には不安があります。

 

そして、不安を感じてしまうのは日常のどこかで相手を信じられなかったり、疑ってしまうからだと思います。(そんな疑う自分も嫌なものですけど)

 

一方で私は普段から愛情表現をしております。表現方法についてはご想像におまかせしますが、日常的に「幸せだねぇ」とかそういった言葉を言いまくっています。

 

相手の不安を取り除き、愛情を表現すること。これがお互いの無意識の信頼に繋がっているように感じます。

 

2:自分の価値を認めている

自分の価値を認めること・肯定することを自己肯定感と私は呼んでいますが、私はこの感情をきちんと理解しているように思います。

 

自己肯定感があると自分の価値を認められ、それと同時に相手と付き合う価値や一緒に人生を歩くという意味を前向きに見出すことができます。

 

反対に自己肯定感が低いと「自分は相手と付き合う価値がない」とか「自分には価値が無いからきっと相手は浮気をするのでは」なんてことを思ったりするのかもしれません。

 

自分の価値を認めることは相手を認めることと同じです。また、おそらく早紀ちゃんもそれを無意識にやっているのだと思います。

 

◯日々のコミュニケーション大事

前にもこんなタイトルを書いたような気がしますが、再度。日々のコミュニケーションは2人の仲を良くするためにとても大事なことです。

 

相手がどんなことを考えているのか。どんなことに喜怒哀楽を感じるのか。それは付き合って5年経ってもまだまだ見つかります。

 

忙しいこともありますが、些細なことでも話すようにしていますし、相手はそれを受け止めてくれることをわかっていますから、私としてもとても気が楽です。

 

◯まとめ

  • 自分を信じることは相手を信じること
  • 自己肯定感の先に良好な関係がある
  • 日々のコミュニケーション大事

PS:

今週の金曜日(2018.4.6)にMARUYA Terraceにて一周年パーティを行います。

その中で恋愛・結婚についてメンバーの文ちゃんとトークセッションをします。

ご興味がある方はぜひ。

https://www.facebook.com/events/179895772733588/