巡り巡って自分に返ってくる

相手のことを気遣って、相手にペースを合わせる。

恋愛ではよくあることです。

ただ、その中で自分らしさを欠き、我慢し、そして辛くなるということがあります。

これは自分らしい恋愛から離れた状態と言えます。

今日はそんな話。

◯嫌われたくないという思い

相手から好かれたい。

相手から好きだと言われたい。

これらは人としてとても自然な感情です。

一方で、冒頭で述べたように自分らしさを欠いてしまうと、それはとても辛い状態になります。

相手に好かれたいから、自分を偽る。

相手に好きだといわれたいから、我慢する。

こういった恋愛は長くは続かないかもしれません。

◯まずは自分軸で考える

ついつい、相手軸で物事を考えがちですが、恋愛で大切なのは自分軸で考えることです。

つまり、まず自分がどういう状態、姿になりたいか?ということ。

その上で、付き合うパートナーを決めるのです。

例えば私がやりたいのは恋愛相談ですから、これをやっていても許してくれるパートナーでなければなりません。

もし恋愛コンサルタントを否定する妻だったら。。。

また女の人と喋ってきて!とか、

私との時間はどうして取ってくれないの!とか。

まぁそんなことを言われるわけです。

これはお互いにとっても辛い状態です。

私は妻をなだめるのに時間を使い、エネルギーをつかい、体力を使うわけです。

そんな恋愛は私もしたくありません。

◯巡り巡って自分に返ってくる。

自分らしさを欠いた恋愛は、結局自分に返ってきます。

恋愛コンサルタントを否定する妻をパートナーにしたら、私は我慢しなければなりません。それは結局理想の姿とは違い、互いの幸せを下げてしまいます。

一方で、自分軸で考えれば、それに合った人をパートナーに選びます。

それは互いに良い効果をもたらし、幸せを長続きさせるでしょう。

◯まとめ

・嫌われたくない思いは誰でも持っている。

・だけど、大事なのは自分軸。

・良いことも悪いことも自分に返ってくる。